仕事ができる人なのか診断!成長できる人の特徴はいくつ当てはまる?













自分は仕事ができる人材なのだろうか?自分自身のことなので客観的に見るのも難しいと言えます。

そこで今回は、成長できる人の特徴を10の項目から質問をさせていただきあなたが仕事ができる人なのか診断をしたいと思います。

ぜひ、10点満点になるように普段の仕事を見直しましょう。

仕事ができる人なのか簡単診断

それでは早速、あなたが仕事ができる人なのか診断をしたいと思いますが、一般的なキャリア論ではなく、飛級就職ならではの視点で設問を設計していますので、楽しみながら診断をしてみましょう。

仕事ができる人なのか診断

問1 : 過去に強烈なコンプレックスがある
問2 : 成し遂げたい目標を強く意識し行動できる
問3 : 目標達成のためなら手段を選ばない
問4 : どんなに辛い状態でも投げ出さずに続けることができる
問5 : コミット力が高い
問6 : 仕事に対して情熱的に取り組むことができる
問7 : 人とコミュニケーションを取るのが得意
問8 : 惚れられる人間である
問9 : 積極的ですぐに行動することができる
問10 : 人をワクワクさせることができる

仕事ができる人の診断結果

診断結果はいかがでしたでしょうか?ここからは、診断結果を踏まえあなたが今後どのように仕事をしたら良いかお伝えしたいと思います。

診断結果は「はい」の数が1つにつき1点としてカウントします。

点数別の回答

  • 0点〜3点未満の人:まったく仕事出来ません!仕事以外で人生を楽しみましょう。
  • 3点〜6点未満の人:普通のサラリーマンです。平凡な人生を生きるでしょう。
  • 6点〜9点未満の人:仕事のできるサラーリマンです。年収1000万円は稼げるでしょう。
  • 9点〜10点の人:未知数の可能性です。全ての選択に迷いなく突き進んでください。

0点〜3点未満の人は本当に仕事が出来ない

失礼としか言えませんが、0点〜3点未満の人は正直仕事ができません。おそらく自覚もあるのではないでしょうか?この点数の人は、まずは自分が得意とするものを1つでも見つけてください。要は武器を作るということになります。

以前「仕事が辛い・辞めたい・行きたくない|恐怖の上司に認められるまでの軌跡」にてご紹介したように、たった1つの武器がその後の仕事環境を大きく変えるきっかけにもなりますので、自分の好きなことをよく考えることをおすすめします。

3点〜6点未満の人は普通のサラリーマン

平均年収程度を稼ぎ60歳から65歳まで真面目に働くあなたは、普通のサラリーマンと言えるでしょう。大企業の場合は、出世できて課長クラス、中小企業では運良く部長という役職得られる可能性があります。

とは言え、年収にすると最大でも700万円程度が目安と言えます。

もちろん、低い年収ではないので、生活はしていけます。ただ、更なるキャリアアップを目指すなら「2018年最新|高卒でも真摯に対応してくれる転職エージェント6選」にて紹介している転職エージェントに相談してみましょう。

6点〜9点未満の人は仕事ができる人

よく会社にいる成績上位者が該当していることでしょう。若手であればエース級で将来の幹部候補と言えます。素晴らしい素質を持つ一方で使い方を間違ってしまえば、中途半端な人材になる可能性も高いと言えます。

そのため、現在の会社で活躍しきれていない。という方は、環境を変えるのも1つの選択肢になります。中高年であれば、こちらのブログで紹介されている転職エージェントに相談をしても良いでしょう。

また、若手の方はベンチャー企業で自身の成長を促すことをおすすめします。ベンチャー企業について「ベンチャー企業の本当の意味と定義とは?良い会社を見分ける方法を解説」をご参照ください。

9点〜10点の人は可能性しかない魅力的な人材

9点〜10点を出せる人は、様々な計画をすでに練っているのではないでしょうか?私も「副業のブログ運営で月額20万円を突破するまでの全過程を徹底公開」にて副業の一部をご紹介していますが、収入を得ることも容易いと言えます。

ただ、このような方も小さな組織の中で埋もれてしまうリスクがありますので、「年収450万円から年収1000万円に引き上げた5のステップを解説」をご参照いただき自分自身の限界を突破するようにしてください。

まとめ

仕事ができる人の診断を行いましたが、あなたはどのような診断結果になりましたでしょうか?診断結果別に対策は異なりますが、少しでもステップアップしたいという方は、今すぐにでも行動に移すべきと言えます。

その際、転職が1つの選択となる場合は、以下の転職エージェントを活用し理想の転職を実現させましょう。

高卒20代におすすめの転職エージェント













ABOUTこの記事をかいた人

18歳から社会人デビュー。地べた這いつくばって10年。 紆余曲折を得て某インターネット系企業で幹部まで昇格。大手大企業のwebコンサルティング業務と新規事業の立ち上げなどを担いながら個人でもwebコンサルやメディアの運営を行う。