2018年最新|高卒でも真摯に対応してくれる転職エージェント6選













転職をするにあたり、ネットで検索すると様々な求人サイトや転職エージェントのサイトが表示されることですしょう。転職をしたことがある方なら一度は登録した経験があるのではないのでしょうか。

飛級職人

そんな私も登録した一人ですが、良い転職エージェントに出会うことは、今後の人生を大きく変えることになりますので、転職エージェント選びは非常に重要と言えるでしょう。

とは言え、高卒の若手20代は転職エージェントに全く相手にされないなどの問題もありますので、今回は高卒でも真摯に対応してくれる転職エージェントをご紹介したいと思います。

転職エージェントはキャリアの相談人

転職エージェントに登録して違和感を覚えた方もいるのではないでしょうか。登録するためには年齢、学歴、現在の収入、現在の職種などを入力する必要があります。

入力するにつれ、「あれっ・・・これ、不利なんじゃ?」と思う方もいるはず。

飛級職人

いわゆる求人サイトの場合は、企業側が提示している条件や勤務地などをただ「選ぶ」という立場だったのが、転職エージェントの場合は自分の情報を入力し、「選ばれる」という立場になります。

武器をたくさん持った人材が、更なるキャリアアップを目指して転職先を探すのには非常に有効な手段かもしれませんが、書類選考で落選するレベルの職歴や学歴ではそういったキャリアに勝てないのです。

高卒では転職エージェントに相手にされない

そもそも転職エージェントのビジネスは、どのようにして成り立っているのでしょうか。

求職者は転職エージェントに対して一切料金を支払うことはありません。では転職エージェントはどこから収入を得ているのかと言うと、求職者がエージェントを通して実際に転職先が決まった場合、初めて転職先の企業からエージェントに報酬が入る。という仕組みになっています。

報酬の相場は、求職者の転職後の年収に対し30~35%と言われています。例えば求職者が400万の契約で転職に成功した場合、120万の報酬がエージェントに入る仕組みとなっています。

このことからも分かる様に、エージェント側からしたら、より高年収の契約が取れる人材のサポートをした方が儲けになるのです。

詳しくは「高卒3年以内の転職ではエージェントに相手にされないたった1つの訳」をご参照ください。

2018年最新|高卒でも真摯な対応をしてくれる転職エージェント

そんな転職エージェントの中には、高卒やフリーター、社会人経験の乏しい方を得意としているエージェントもあります。ではひとつずつ紹介していきます。

おすすめ転職エージェント1.ワークポート

今の時代、高卒でもなれる職業といえばプログラマーなどのIT系が代表格です。ワークポートはそんなIT,Web、ゲーム業界に強いのが特徴です。IT業界に関してはベンチャーから大手まで独占求人も多く取り扱っており、評判になっています。

他の転職エージェントとの違いは、駆け引きなしで案件を一気に提案してくれるので、決定するのが早いという点。キャリアアップのためにじっくり転職先を選びたい方には物足りないかもしれませんが、ささっと決めて転職したい方にお勧めです。

更に初回の登録がとにかく楽という声が多いです。勤務希望地、最終勤務地の入力などの登録のみで済むので、面倒な登録が苦手という方にもお勧めです。

おすすめ転職エージェント2.第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneoは、第二新卒の人やフリーターの人に適している就職エージェントとして近年急成長しています。未経験でも就労可能な求人が多いことが特徴で、きめ細かい選考対策や、履歴書の書き方や面接のマナー、更には「就活力アップセミナー」やビジネスマナーのレクチャーまでしてくれるので決定率も高くなっています。

そして、内定が決まった後のフォローがしっかりしていることも第二新卒エージェントneoのおすすめできるポイントです。入社の書類の準備を手伝ってくれたり、入社前の研修なども用意されており社会人経験の少ない人にとっては嬉しいサポートがあります。

就職エージェントneoが紹介する案件は、営業担当者が実際に企業訪問の上、会社の規定に沿った求人だけです。離職率が高かったり社会保険未加入の企業からの求人は取り扱わないようになっているので安心です。

サイトが見やすくパソコンを使い慣れていない方でも検索をしやすいという声もあり、じっくり選びたい方にとっては嬉しいですね。

おすすめ転職エージェント3.マイナビ(マイナビジョブ20’s)

マイナビジョブ20’sは、とにかく正社員の求人が多いことが特徴です。サイトで調べてみると、なんと591件中550件が正社員の求人(2018年1月現在)です。なので正社員での採用が多いです。更にマイナビは新卒の求人サイトも運営していることもあり、大企業の求人が多く、非公開求人も多く持っています。

大手だけあって、毎月土日に転職説明会が東京、大阪、名古屋で開催されており、転職には必要不可欠な「職務経歴書」の書き方や面接の作法などのセミナーもあるので、転職サービスを受けずにこの説明会に参加するだけでも為になります。

もともとマイナビはマイナビエージェントという転職サイトを持っているにも関わらず、20代に的を絞ったのには理由があります。それは、転職経験がなく、企業からの需要も高い20代だからこその悩みを解決し、転職できる体制を整えることに特化させることです。

20代は年齢により転職の仕方が異なり、新人扱いの入社一年目の人はやる気や可能性を売りにした面接方法が必要なのに対し、ある程度経験のある人は経験をアピールすることが必要となります。マイナビジョブ20’sはこの辺りのノウハウもしっかりサポートしてくれます。

おすすめ転職エージェント4.ハタラクティブ

ハタラクティブの特徴は、未経験歓迎の案件が多いことです。その数1000件以上です。アルバイト経験がなくても紹介してくれる場合もあるそうで、20代であればフリーターや高卒というレッテルがあってもかなりの数の情報を提供してくれ、その後、面接や書類の書き方などのサポートも手厚いので、未経験者には非常に心強いです。

ただその反面、やはり大手の企業が少ないことや求人の質の悪さも目立っており、キャリアアップしたい人にとっては物足りなさがあるというデメリットもあります。

おすすめ転職エージェント5.リクルートエージェント

求人の量、質ともに口コミサイトで高評価のリクルートエージェント。人気の秘密はとにかく業界No.1の求人の数とサポートの厚さにあります。

例えば、面接の練習を電話でしてくれたり、担当者が面接のサポートのために面接先の企業に詳しいスタッフを引っ張ってきたりと、コンサルタントがとにかく熱心なんだとか。豊富な過去のデータをもとに面接官の名前や好みなどの情報も得ている場合もあり、具体的な対策ができます。

企業とのコネクションもあるので、有能なコンサルタントの方だと個人ではできないような給料の交渉や、一度面接で落ちた企業の別部署に入社なんて事例もある様です。

おすすめ転職エージェント6.DODA

DODAは大手の割には求人の出し惜しみをせず、求人を多く見せてくれるので、選択肢を多く持てるというメリットがあります。

更に人気なのはセミナーなどのサポートで、週に1~3回も様々な種類のセミナーを開催しており、目的に応じて専門的なセミナーが受けられるのは嬉しい点です。面接のサポートは練習を何度も行うことができ、履歴書を使って面接を自分の得意分野に持って行き成功に導く方法など、具体的な指導を受けることもできます。

一方で、求人の量はあるが質の悪さが目立つという声も多くあがっています。キャリアカウンセラーを通さず、Web上で自動的に送られてくる求人の中には、自分の希望にそわない情報も多く来てしまう場合もある様です。

まとめ

高卒の場合、学歴に自信がないのでキャリアには勝てないのではないか、転職エージェントに相手にされないのではないか、などの不安もありますが、自信がないからこそサービスを受けるべきだと言えます。

飛級職人

そのためには、低学歴や未経験でも親身になってくれる転職エージェントやアドバイザーを選び、自分の苦手としている分野のセミナーを積極的に受けるなどした上で、客観的に自分の強みやアピールポイントを見つけてもらうことで転職の戦い方がわかっていくのではないでしょうか。

転職活動もやり方次第ですね。













ABOUTこの記事をかいた人

18歳から社会人デビュー。地べた這いつくばって10年。 紆余曲折を得て某インターネット系企業で幹部まで昇格。大手大企業のwebコンサルティング業務と新規事業の立ち上げなどを担いながら個人でもwebコンサルやメディアの運営を行う。