大学への進学が当たり前?時代遅れの思考停止世代は負け組の危機













多くの人は、高校を卒業し大学へ進学、そして就職する。60歳くらいまでに何度か転職するかもしれないが、定年まで仕事をして、家族を養う。老後は孫の顔を見ながら悠々暮らす。

そんなバブル期の幻想を抱く若者は正直、思考停止の負け組予備軍と言えます。

そもそも大学へ進学すること自体が本当に価値ある選択なのか?大学を卒業し就職することが意味ある選択なのか?今の世代はよく考えるべきだと言えます。

個人が評価され活躍する時代が来る

これまで人は企業に就職し企業の成長のために日々尽力することが当たり前の時代でした。中には起業し成功する人もいると思いますが、それは極一部の優れた人材。チャレンジャーと見る人が多いと思います。

飛級職人

ぶっちゃけ、今だにこの思考しか持っていないというのは時代遅れですよね。同じ10代、20代前半でもこの考えを捨てて活躍している人が大勢いるというのに…

これからは個人が活躍する時代ですよ。企業がどうってのは古い考えです。

さて、個人が活躍する時代というのはどのような時代でしょう。一番親しみがあるのはインスタグラムなどのSNSで影響力を持つインフルエンサーと呼ばれる人たちです。芸能人だけでなく、一般人の方が影響力を持つようになり企業のスポンサーが付くような時代なのです。

それだけではなく、タイムバンクVALUのように個人の時間を売買するプラットフォームも誕生しています。もちろん、有名な方もおりますが、見たことも聞いたこともないよう人でも非常に高額で自分の時間が売買されているのです。

働き方も正社員だけに固執しなくなる

個人が活躍する時代に向けて、働き方も変わってきています。

これまで働くと言えば正社員であることが前提条件と考えるのが自然でしたが、それ自体も変わってきています。複数の仕事を掛け持ちしている人や自分で副業を行い月収以上を稼いでいる人も珍しくありません。

飛級職人

私も同様に本業の他に現在5社のwebコンサルティングの提供や自身でキュレーションメディアを運営しています。本業を超える収益を出しているので、生活もゆとりがありますし、それ以上にリスク分散ができている。という点がメリットだと感じてます。

そうです、1社のみの正社員というのは非常にリスクなのです。もし、勤めている会社が倒産したらどうするのか?もしリストラされたどうするのか?現在は大企業も潰れる時代にわざわざ1社に固執し働くというのはリスク以外ありません。

時代の変化を大学は教えてくれるのか?

上記のように働く手段がテクノロジーの進化によって劇的に変わっている昨今で、大学はこの変化を捉え教育できる場所なのでしょうか?

何十年も変わらない教育を続け、教授の研究に付き合う場所になっていないでしょうか?私は大学に行っていないので深く語ることはできません。

ただし、毎日バイト、飲み会、デート、サークルに時間が潰れているという読者がいるならば、それは完全に負け組への一歩を歩んでいると言えます。

高卒や大卒に固執している人は負け組

上記のように高卒や大卒と学歴で語っている時点で負け組なのです。さらに言えば新卒一括採用で何もできない学生を大量に採用する大企業も無駄ばかりを作り思考停止していると言えます。

学生も何枚もエントリーシートを書き何社も面接を受けるなど時間の無駄以外ないでしょう。このような悪しき風習に対して何も疑問を感じないのか?と思うわけです。

何も考えない思考停止人間は学歴とか関係なしに成功する機会は恵まれません。そのために思考を切り替える必要があります。

お金のリミッターを解除するべき

これまでの悪しき風習を脱却し自分を変えようと思っても何から始めたら良いのか分からない。と思う方も多いことでしょう。そのような人にアドバイスしたいのが「お金のリミッターを解除」することです。

お金は企業に就職し給料としてもらうものだ。と思っていると一生行動が変わることはありません。さらにはお金を稼ぐことが悪いことだ。と洗脳をさせているとも言えます。

その代表格の言葉「お金が全てではない」です。

確かに事実です。ですが、「お金ができることが制限されるのです。」たった1度の人生をわざわざ制限する意味はないでしょう。全てはメディアによる情報操作なので惑わされてはいけません。

そこで、何でも良いので自力で稼ぐことを経験しましょう。

このようなブログを書いて広告収入を得ても良いでしょう。とにかく友達をたくさん作りイベントを開催しイベント収益を得ても良いでしょう。さらに友達が増えれば、その輪を広げて行きインフルエンサーになることもできます。

何でも良いのです。自分でお金を稼げると企業の給料がいかに低いかを実感できるでしょう。やり方さえ分かってしまえばお金のリミッターは簡単に外れます。

高卒だって年収1000万円は稼げる

大学への進学が当たり前だと思っている世代は負け組だ。とお伝えしましたが、最後に高卒でも年収1000万円程度であれば誰でも稼ぐことが可能と言えます。

年収1億と言われるとまだ私が体験している訳ではないので具体的なアドバイスはできませんが(現在は投資領域に手を出しています)、年収1000万円まで到達するのはさほど難しいことではありませんでした。

方法は1つで複数の仕事を行う。それだけです。それだけで簡単に1000万円を稼ぐことが出来ますので、就職が全てではないと考えるようにしましょう。

追々、私がどのように年収1000万円を超えることができたのか公開したいと思います。













ABOUTこの記事をかいた人

18歳から社会人デビュー。地べた這いつくばって10年。 紆余曲折を得て某インターネット系企業で幹部まで昇格。大手大企業のwebコンサルティング業務と新規事業の立ち上げなどを担いながら個人でもwebコンサルやメディアの運営を行う。