高卒が転職するために資格は必要?不要?役に立つ資格3選













通勤中の電車やカフェなど難しそうな参考書を片手に勉強に励むビジネスマンを見たことがある人も多いことでしょう。多くは昇級、昇格、転職などを有利に進めるために資格の勉強をしている方が大半です。

高卒者の中にも今の現状を変えるために資格を取得しようと考えている方から勉強中の方まで様々でしょうが、実際に転職で資格は必要なのか?それとも不要なのか?気になるところです。

そこで今回は、高卒者が転職時に資格を有している方が良いのか不要なのか解説したいと思います。

高卒者の転職は資格があった方が有利?

まず、資格が無ければ務めることが出来ない仕事は資格を取得することは必須でしょう。これは誰でも分かることですね。ただし、資格が無ければ勤められない仕事であれば面接に来るライバルも皆その資格を保有しています。

そのため、資格が無ければ勤められない仕事であればそもそも資格を保有していることが最低条件になりますので、転職で有利にはたらくことはありません。

では、資格の取得が必須ではない職業の場合はどうでしょう。

飛級職人

ぶっちゃけ、おまけ。みたいなものですね。資格よりも経験と人柄を重視して採用しますね。

というように資格を取得するから転職に有利というよりは最終1人に絞る必要がある場合に資格があると多少有利くらいの感覚と言えるでしょう。

転職のために資格を取得するのは不要ということ?

資格を取得すれば転職できる。という安直な考えは捨てた方が良いでしょう。それ以上に経験が転職市場ではものを言います。

そのため、資格取得のために昼間に仕事をサボって勉強したり、定時でさっさと帰って勉強しているなどは本末転倒と言えます。それ以上に今の仕事でどのような課題をどのようにして解決しどのくらいの成果を出したのかが重要です。

とは言え、工場勤務など完全オペレーション化された職場で働く方は、上記にような経験を詰む事は難しいかもしれません。そのような方に向けてあった方が良い資格をお伝えしたいと思います。

飛級職人

今回紹介する資格は「ベンチャー企業の就職は天国か地獄か?5つの覚悟を知って失敗しない転職を実現」で解説したようにベンチャー企業×ITで有利な資格を紹介します。

おすすめの資格1.MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

まず、Word、Excel、PowerPointを基本使いこなせないとオフィスワークでの活躍はほぼ皆無と言えます。

前職が販売員や工場など普段PCを活用しない職場で勤務している方が面接に来たら、真っ先に思うのが、そもそも最低限の仕事すら出来ないのでは?と疑ってくる採用担当もいることでしょう。

そこを安心させる材料としてMOS資格を取得しておくことで採用担当者に最低限の安心感を与えることができます。

とは言え、PCスキルに関しては、オフィスワークの最低限のスキルなので資格を取得せずとも、使いこなせれば問題はありません。

飛級職人

私はMOS資格を持っていませんが、企業のプレゼンテーション資料や事業計画を作るためのPCスキルはあります。このような資料作成の時間は無駄。という風潮がありますし、私もそう思いますが、実際は活用頻度が非常に高いことからスキルは身につけておくべきでしょう。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の公式サイト:http://mos.odyssey-com.co.jp/index.html

おすすめの資格2.上級ウェブ解析士

上級ウェブ解析士とは、webに関する分析や課題解決を身につけることができる資格で、ウェブ解析士、上級ウェブ解析士、ウェブ解析士マスターの3つの段階で構成されています。

IT関連の仕事ではウェブ解析士上級の資格取得を必須としている会社もあるほど、IT界隈では取得している人が多い資格になります。

飛級職人

私もウェブ解析士上級の資格を保有しています。正直IT関連で仕事をしていればそれほど難しくはありませんが、未経験の方であればまったく理解できない。という事実もあります。

まずは、初級のウェブ解析士の資格を取得するために講座を受けるところから始めてみましょう。

ウェブ解析士の公式サイト:https://www.waca.associates/jp/

おすすめの資格3.SEO検定

SEOとは、googleなどで検索した時に指定したページを上位表示させるためのテクニックになりますが、これの明確な手法はgoogleが開示していないため誰も知らない。というのが実態です。

ただし、SEO会社を筆頭にgoogleのメカニズム(本来はアルゴリズムと言います。)をあの手この手で仮説、分析、検証を繰り返し上位に上げる方法を模索しているのです。

そして、この基本を学べるのがSEO検定になります。

飛級職人

この仕事もぶっちゃけ実務をやっている人間からすると大した資格ではないです。ただし、未経験でもこの資格を取得していれば「お、ある程度会話が通じるかも」って感じになりますのでおすすめですよ。

SEO検定の公式情報:https://www.zennihon-seo.org/

おすすめ資格の取得順

まず、大前提として全部の資格を取得しようとするととても大変ですので辞めておきましょう。そこで、今回紹介した3つの資格で取得する順番をお伝えします。

資格取得の順番

  1. SEO検定
  2. ウェブ解析士
  3. MOS

まずは、SEO検定士の資格と取得すればSEO関連の人材を探している会社に入社することは可能になると言えるでしょう。そして、実際に実務経験を積みながらウェブ解析士の資格を取得する順番が良いと言えるでしょう。

その際に、MOS資格は必要に応じて取得すれば良いのですが、正直本屋でオフィス関連の書籍を購入すれば誰でも使えるようになるのでわざわざ取得する必要はないかもしれません。

MOSを取得した方が良い人は、派遣社員などで事務仕事を中心にホワイトワーカーになりたいと考えている方におすすめと言えます。

SEO検定の公式情報:https://www.zennihon-seo.org/

まとめ

高卒が転職するために資格は必要か不要かについて解説を行いました。結論、資格があれば転職できる。というよりは実務経験が必須であると言えます。

それでも、無いよりはあった方が良いと考えまずはSEO検定から資格を取得することをお勧めします。

とは言え、資格取得に熱中するあまりに本業がおろそかにならないように注意してください。













ABOUTこの記事をかいた人

18歳から社会人デビュー。地べた這いつくばって10年。 紆余曲折を得て某インターネット系企業で幹部まで昇格。大手大企業のwebコンサルティング業務と新規事業の立ち上げなどを担いながら個人でもwebコンサルやメディアの運営を行う。